有終の美を飾るには|手厚いサービスの葬儀屋を探すコツ

現代の別れの形とその準備

男の人

人は日常、葬儀を営む事を考えて暮らしている訳ではありません。しかし、人生には思いもよらぬ出来事が待ちうけているものです。その中でも最大のものは、身近な家族が亡くなる事ではないでしょうか。万が一、そのような事態に直面すると、人は誰でもうろたえてしまうものです。そのような中では満足なお見送りが出来ず、葬儀の後などに、ああしとけば良かったなどと悔いを残しかねません。そのような後悔をしないためにも、例えば高齢の親族が居る場合などは、元気なうちから葬儀に関していろいろと情報を集めたり、準備をしておきたものです。まず決めておきたいのは、葬儀をどこで営むのか、業者はどこを選ぶのかという事です。一般の人は葬儀に対する知識がないですし、時間的にも精神的にも余裕もないものです。精通したプロである業者を通す事がすべての負担を軽くします。

神奈川などの都会には地方から出て来てそのまま永住している方は大勢います。そのような方達の中で最近増加していているのが単身世帯の問題です。神奈川県の単独世帯数は東京、大阪に次いで3番目に多いという統計があり、特に横浜や川崎など神奈川都市部での中・高齢の単身世帯、高齢の夫婦二人暮らし世帯が増えています。このような単身世帯や高齢の二人暮らしの方達に何かあった場合、葬儀はどうするのかという問題があります。地方に実家などがある場合はそこで通夜葬儀を執り行なうのが普通でした。また、神奈川の火葬場で火葬して遺骨だけを持ち帰り、通夜葬儀をして菩提寺に埋葬するというケースもあります。実家がすでに無くなっていたり、高齢化や核家族の背景の中で最近、増えている葬儀の形が「直葬」や「家族葬」です。直葬とは通夜や告別式を行わず火葬だけのものです。家族葬とはごく親しい身内だけで行う簡素化した葬儀です。手作りで簡素であるため費用が掛からず、残された者に負担が少ないとの理由で注目されています。直葬や家族葬で注意したいのは、個人で申し込み出来ない民営の火葬場があったり、知らせなかった人からクレームがくる場合があります。